ホテルケーニヒス・クローネ神戸

1977年に神戸で誕生したドイツ菓子店「ケーニヒスクローネ」(「王冠」の意味)が2013年に開業したホテルです。JR三ノ宮駅・元町駅のいずれからも徒歩5分、神戸市の中心近くでありながら、異国情緒の漂う旧居留地にも近いところに位置しています。ヨーロッパのホテルをイメージした建物を入ると、洋菓子店のキャラクターでもあるくまのポチが迎えてくれます。チェックインを済ませると、カフェでウェルカムスイーツとドリンクのサービスが受けられるのも洋菓子店らしいサービスです。

客室数は94。それぞれの部屋はマドレーヌやクリーム、カカオなどお菓子にちなんだテーマカラーで彩られており、タオルやクッションにスリッパ、マグなどあらゆるところにかわいいくまのポチがあしらわれています。全室にバルコニーがあり、アメニティも充実しています。グッズはホテル内のショップで販売もしています。

滞在中の時間を自由に過ごせるよう、ホテルは「Bedandbreakfast」の形式を取っており、焼きたてのパンに新鮮なフルーツなど、洋菓子店ならではのビュッフェ式の朝食に力を入れています。オムレツやソーセージなど温かいメニューが充実している一方、洋菓子店らしく、朝食でありながらスイーツが食べ放題なのもうれしいところです。ホテルの1階には洋菓子専門店があり、幅広い神戸のおみやげが手に入ります。

神戸三宮東急REIホテル

東急ホテルグループに属する神戸三宮東急REIホテルは、JRの三宮駅から徒歩2分の好立地にあります。複数の鉄道が乗り入れる駅が近いので、市内や郊外への移動にも便利なエリアです。また、ビジネスでの滞在の場合でも、交通の便がよく移動が容易というのは大きなポイントになります。

神戸三宮東急REIホテルの客室は235室。シングルの部屋でもベッドは全てセミダブルサイズで、ゆっくり体を休めることができます。各部屋には滞在に必要な備品が揃っており、アメニティも充実しています。また、加湿機能付空気清浄機も用意されていて、部屋で過ごす時間もリラックスしたものになりそうです。一部の客室は女性専用のレディスルームとなっており、女性ひとりでも安心して利用できます。全室にインターネット接続用のLANポートが設置されているので、旅行でもビジネスでも、情報収集がスムーズに行えます。

食事は1階のレストラン「シャングリ・ラ」で取ることができます。朝食はバイキングで、パンの街・神戸でも人気のベーカリーのパンや兵庫県産ヒノヒカリのご飯を中心に、サラダやフルーツなどを各種取り揃えています。淡路島の野菜や六甲山でつくられる乳製品など、地元の食材をふんだんに使った豊富なメニューが用意されています。ハーフバイキングか和食御膳が選べるランチや、期間限定のものも含めた豊富なコースが楽しめるディナーも味わうことができます。

関連リンク【三宮ホテル:東急REIホテル

神戸旅行の拠点・三宮でホテルを

神戸市は、古くから港が開かれ、海運業で栄えた街です。兵庫県の県庁所在地であり、近畿地方有数の大都市であると同時に、多くの観光スポットが点在する文化的な街でもあります。歴史的な遺構に、明治以降に外国人が住んでいた旧居留地に異人館街、南京街。ポートタワーや水族館、海水浴場など海を楽しめる一方、市街地の北側には山が迫り、牧場や植物園などレジャー施設が充実しています。また、六甲山や摩耶山からの夜景は日本三大夜景の1つに数えられています。日本三名泉の1つである有馬温泉も人気です。

この魅力的な街に滞在するとなると、拠点となるホテル選びには頭を悩ませるところです。限られた時間で少しでも多くのスポットに足を伸ばしやすい、食事にも買い物にも便利なところ…旅人のそんな希望をかなえてくれるのは、やはり神戸の中心地である三宮地区ではないでしょうか。JRをはじめとした5つの鉄道が乗り入れており、市内はもちろん郊外への交通の便も充実しています。また、三宮駅周辺には神戸市随一のショッピングストリートである三宮センター街が広がっています。

旅行で泊まるホテルには、どんなことを期待するでしょうか。交通の便はもちろんですが、清潔な部屋に豊富なアメニティ、そしてこだわりの食事。女性限定のサービスも嬉しいですよね。ここでは、ホテルも多く集中する三宮エリアで、オリジナルのサービスで人気が高まっているホテルを2か所紹介します。神戸三宮東急REIホテルとホテルケーニヒス・クローネ神戸です。